【大器晩成?元バックパッカー?】東京下町「千束・入谷」ヌンパン カンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン サンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

食と空間とサービスを通じて、
異世界の扉を開かせる!ことを
モットーに進めている、
このヌンパン サンドウィッチ プロジェクト。

この場合の異世界とは、
別に外国とか海外と言う意味だけではありません。

人が知らない日常を感じれたら良いなと
思っています。

弊社には、一人、面白い経歴のスタッフがいます。

名前は、この段階では、「BB(ビービー)」と
呼んでおきます。

<↑ BB、なかなか良い面(つら)をしてる>

実は、アンコールワット遺跡で有名な、
カンボジアはシェムリアップで、出会いました。

<↑写真は千束入谷振興会 S&I Halloween Festivalより>

しかも、私のカンボジア人のBuddyでもある、
Dくんからの紹介でした。

BBは、まだ、20代前半の夢多き青年。
10代で、やんちゃなことばかりしてしまい、
学校と親から海外(ニュージーランド)に
飛ばされてしまったキャリアを持つ男。

やんちゃな時代に海外に放り出されたことにより、
そこから、本格的なバックパッカーになってしまい、
約4~5年、世界各地を放浪していた
ならず者(desperado)。

正直、頭はあまり良くない。。。(汗)

言うことだけは立派。(恥)

すぐ落ち込む癖もある。。。(悲)

若さがあるため、失敗も多い。(涙)

でも、メチャクチャ感じの良いヤツ!

だから、彼の周りには外国の友達達も寄ってくる。

そんな彼はカンボジア サンドウィッチショップ
Num Pang Sandwich Cross Town Cafe
(ヌンパン サンドウィッチ クロスタウンカフェ)
の土日に最前線で奮闘する予定です(笑)

大器晩成するのか?!楽しみです★

応援の程、宜しくお願い致します。

【壁もはつるぞ】東京下町「千束・入谷」ヌンパン カンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン サンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

食と空間とサービスを通じて、
異世界の扉を開かせる!ことを
モットーに進めている、
このヌンパン サンドウィッチ プロジェクト。

ゆっくりですが、着実に、
1歩1歩進んできている。
※たまに3歩ぐらい下がることも多いですが…(汗)

ビルオーナーの了解もあり、
外壁のメスも入れ始めました。

カンボジアの庶民的なフードではありますが、
日本には知らない人も多いはず。

であれば、外環もこだわりたい。

たかが、ヌンパン。されどヌンパン。