【料理人とスチコン(スチームコンベクション)】東京下町「千束・入谷」ヌンパン カンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

食と空間とサービスを通じて、
異世界への扉を開かせる!ことを
モットーに進めている、
このヌンパン(ノンパン)
サンドウィッチ プロジェクト。

 続々と備品、什器が届き、
工事も進んでいます。

今日は憧れのスチコンこと、
スチームコンベクションオーブンの話。
正直、カフェをメインにするのであれば、
必要ないともいわれるスチコン。

でも、最初はカンボジア風サンドウィッチ・
ヌンパン(ノンパン)・パテーをメインに
作っていきますが、いずれは、
やはり、クロスタウンカフェの代名詞である
ケーキも焼きたいと目論んでいます。

っであれば、やはり、什器購入の最初である
今、購入すべきかどうかなやむところ。
結果、使いこなせるかどうかは、
今は置いておいて、買ってしまった。。。

 飲食店経営者の友達曰く、
スチコンを使いこなすことができれば、
アルバイトさん10人ぐらいの働きはするぜ!とのこと。

AI、IoT化じゃないですが、
これも機械化。オートメーション化。
テクノロジーに触れてみる。