【お店の主役ヌンパン達が浮上してきた】東京下町「千束・入谷」ヌンパン カンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

食と空間とサービスを通じて、
異世界への扉を開かせる!ことを
モットーに進めている、
このヌンパン(ノンパン)
サンドウィッチ プロジェクト。

連日連夜、各スタッフ達が、
眠い眼を凝らし、戦い続けている
台東区下町 千束・入谷の
まだ日の目を見るカフェ。

一体、幾つのパンを食べ、
幾つの農家さんとやり取りをし、
幾つの肉屋さんに無理を言い、
幾つの販促物業者さん達と
打ち合わせを繰り広げてきたのだろう。

1日1日と経つにつれて、
明らかになってくる商品達。

まずは、カンボジアのソウルフードと呼ばれ、
カンボジア人なら誰もが好き。

観光に行った外国人達もとりこになる
フランスバゲットパンを使った。
ヌンパンパテー。

私達Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
スタイルのヌンパンパテーも、
もうすぐお目見え。

あと一息です。

【店名:Num Pang Sandwich の勘違い(爆)】東京下町「千束・入谷」ヌンパン カンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。


 

食と空間とサービスを通じて、
異世界への扉を開かせる!ことを
モットーに進めている、
このヌンパン(ノンパン)
サンドウィッチ プロジェクト。着々と店舗オープンに向けて、
準備が進み、寝不足の毎日で、
恥ずかしながら、ふわふわしてます(笑)

そんな中、日本におけるカンボジア語の
権威の一人である恩師に、

「カンボジアのバゲット・サンドウィッチショップを
東京は浅草、千束・入谷エリアで
開こうと思う」

と、ご報告をさせていただきました。

応援のご連絡をいただき、
私自身ムフムフしていたら、
先生より、ご指摘が。。。

と言うのも、
私は、ずっと
Num Pang と言うのは、
カンボジア語でサンドウィッチだと思っていた。

確かに、カンボジア人の友人・知人は、
「ヌンパン・パテー」と言います。

このパテーは、
日本人にもなじみのある
レバパテ=レバーペーストなどの、
パテであります。

※レババテ・ペーストは、
牛・豚・鶏などの肝臓(レバー)をゆでて裏ごしし、
調味したもの。パンに塗ったりカナッペに用いたりする。
とのこと。
(goo辞書「レバー‐ペースト【liver paste】」より引用)

ってことは、肉のペーストサンドウィッチってことだなと
ずっと思っていました。


そんな感じなので、
弊社が手掛ける
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFEは、
日本語的に言うと、

「サンドウィッチ×サンドウィッチ クロスタウンカフェ」
って感じです。と先生に伝えました。

先生が言うには、
「ヌンパンと言うのは、カンボジア語では、
ただのパンです」とのこと。

つまり、
パン・サンドウィッチ・クロスタウンカフェ
という意味になるとのこと(笑)

パンにパンを挟んだサンドウィッチ。。。
なんだそれ?!(笑)

この名前で営業許可所もとってしまったし。。。
今更、引き返せません。。。(恥)

改めまして、
パン・サンドウィッチ・クロスタウンカフェ
です。

あっ、でも中身はもちろん、
カンボジア風のひき肉をつかった
バゲットサンドウィッチカフェです。
ご安心を!