【★ヌンパン★以外 私の好きなカンボジア料理1】下町ヌンパン カンボジアサンドイッチ

こんにちは。
フランス領だった東南アジア
カンボジアのサンドウィッチを扱った
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。
(※ヌンパン=パン(バゲットパンです。)
※カンボジア語

食と空間とサービスを通じて、
異世界への扉を開かせる!ことを
モットーに進めている、
このヌンパン(ノンパン)
サンドウィッチ プロジェクト。

僕らが扱っている
「ヌンパン(ノンパン)パテ」は、
ご存知、カンボジアのサンドウィッチ。

とは言え、カンボジアは、
日本と同じように、
お米の国。
※麺類(米粉)も多いです。

実は実は、
日本人にも大変食べやすい(馴染みやすい)
料理が多いんです。
※理由:辛くない。

その中でも、
私がカンボジアに住んでいる時から、
お世話になっている食べ物が一つ。

「ボボー(お粥)」
です。

日本人的に、飲んだ後のラーメン。
ではないのですが、
打ち合わせやアテンドや、
友人達と飲んだ後、
何だかんだ小腹が減っちゃうのです。

当然、日本みたいに、
24時間の「富士そば」さん等はありません。

それでも、首都プノンペンは、
随分と遅くまで営業するラーメン屋さん等増えましたが。。。

私のおススメは、
カンボジアへ進出したての頃からお世話になっている
プノンペンの外国人の多い、
高級住宅街ボンケンコンエリアにある、
「Champs-Elysees レストラン(ホテル&カラオケ併設)」
のボボー(お粥)です。

#185, Tra Sak Paem Boulevard (#63),
Sangkat Boeung Keng Kang 1, Khan Chamcarmorn

何と何と24時間営業です。

優しい味付けです。

とは言え、日本と違って、
まだまだこれからの発展途上新興国カンボジア・プノンペンです。

夜の治安は良くありません。

深夜の出歩きはくれぐれもお控え下さい。

-下記店舗詳細-

営業日・営業時間:
水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-6458-1780(株式会社ユトルナ)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト
最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA