【イベント】 カンボジアの子供の栄養改善への取り組み -ソーシャルビジネスというアプローチ- 2018年2月20日(火)19時~ 会場:CROSS TOWN CAFE

日本は世界を見渡しても、食生活が整っている国の一つだ。

その中でも日本の小学生などが毎日食べている学校給食は、
「毎日を健康でいきいきと生活できるようにするため」
と定義され、栄養バランスのとれた食事を美味しく、
合理的に摂取することに注力し料理され提供されている。

一方東南アジアのカンボジアの公立小学校は、
カンボジア特有の学校の事情等あり、
午前と午後の部に分かれて授業を受けるため、
子供達は学校で給食を食べない。

学校内と周辺には多くの売店・屋台があり、
子供達は授業の合間にそれらで販売されている
お菓子を食べていることが多い。
当然、食の安全や栄養バランスが考慮されたものは壊滅的だ。

更にはカンボジアは輸入に頼っているため、
自国カンボジアの食材で作られたものは殆どない状況だ。

今回、カンボジアにて自国産の材料を使用し、
食の安全や栄養バランスが考慮されたものを、
子供達が手に取りやすいお菓子として普及させ、
栄養の大切さを知ってもらうために、
更にはボランティアと言う一方的な支援ではなく、
永続的に仕組みが根付くよう、
ソーシャルビジネスと言うアプローチで取り組んでいる、
代表二人がクロスタウンカフェでイベントを開催する。

(※現在 会社名PoPok(カンボジアの言葉で「雲」)は立ち上げ準備中)

■福原明(ふくはらあきら)氏■
ポル・ポト政権下で内戦を逃れ、
難民として日本に移住した
カンボジア人の両親のもと横浜で生まれ育ち、
「自分のルーツがあるカンボジアの役に立つ」
と言う想いを掲げている。

■大路紘子(おおじひろこ)氏■
元々、女性支援・保健・栄養等開発支援プロジェクトを
NGO職員としてカンボジアに従事し
米国大学院で非営利のマネジメントを学んだ。

 

★お二人の本取組みは現在クラウドファンディングも実施中★
クラウドファンディング Ready for

当日は、「カンボジアをはじめとする東南アジア諸国の栄養課題を含めた社会問題とは?」
「その解決方法とは?」等をテーマに、PoPokの背景や理念、ビジネスモデル等を紹介し、
サンプル商品の蒸しケーキを参加者に提供しながら、
ソーシャルビジネスについての意見交換会の場となる。

「誰かの役に立ちたい」
「国際協力や開発」
「ソーシャルアントレプレナー」
「ボランティアではなく違う形で、ビジネスを作りたい」
等に、ご興味のある方は是非ご参加下さい。

今回も濃く深い話ができるよう定員は先着15名までとなります。

■イベント詳細■
2018年2月20日(火)19:00-20:30(開場 18:30)
会場:CROSS TOWN CAFE
住所:東京都台東区千束 2-26-1-1F
※お食事等持込み可です。
今回はカフェ用意のお食事・お飲み物はありません。
アクセス:
日比谷線「入谷」駅 徒歩 6 分、
TX 線「浅草」駅 徒歩 9 分 JR
山手線「鶯谷」駅 徒歩 12 分
URL:クロスタウンカフェ
参加費:500円(税込)※料金は当日現金払いとなります。
定員:計 15名

【申込方法】
必要事項を記載の上、下記へメール下さい。
popok.cambodia★gmail.com(PoPok福原、大路)

もしくは、
contact★numpangsandwich-crosstowncafe.com(CROSS TOWN CAFE 宮内)
(★を@に変えて下さい)

<必要事項>
件名:
2月20日(火)イベント参加希望
1. 氏名
2. 年齢
3. 電話番号(携帯可)
4. ご職業(学生の人は学校名)
※自動返信ではないため、ご返信は最大2営業日下さい。

 

サルベージ・パーティ開催 報告 CROSS TOWN CAFE

こんにちは。
カンボジア・サンドウィッチ カフェ
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

 

前回のお知らせで、
残念ながら、
台東区千束・入谷にて展開している、
カンボジアのサンドウィッチカフェとしての
クロスタウンカフェ
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFEは、
イベント出店・参加に強化するため、
店舗での営業を一度閉じることにしたと
お伝えさせていただきました。

 

と言えども、クロスタウンカフェは、
無くならない。

 

新たなスタイルとなり、
更にカンボジアを始めとするアジアと
日本を繋げていくワケです。

 

そんな中、先日、
日本の大学生達と、留学生達が、
「食品ロスについて考える」
“サルベージ・パーティ”を
クロスタウンカフェにて、
開催致しました。

 

サルベージパーティとは?

 

フードロス問題の啓発と解決をめざす
「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」の一環として、
より多くの方に「食料廃棄」を身近な問題として
感じてもらうためのイベント
とのこと。

出典 Salvage Party サルベージ・パーティ

 

日本は世界で一番「食品ロス」年間約632万トン 、
(1人1日お茶碗約1杯分(約136g))
の食べ物が捨てられている国なのです。。。

 

出典 内閣府大臣官房政府広報室

 

カンボジアや他の国を知っている
私から見ると、日本の食べ物は、
本当に安全。

 

私達の会社は、飲料のサーバーを通して、
水会社としての一面もあるため、
その観点からみても、日本の水は安全。

 

それは、本当に素晴らしいこと。

 

しかし、やはり、日本。。。

 

「いき過ぎているんです。。。」

 

確かにずさんなモノを食べて、
子供が命を失ったり、
健康を損ねてしまうことは考えられない。

 

ただ、まだまだ食べられるものを捨てる。。。

 

私個人にとってもこれって、
大嫌いなコト。

 

それもそのはず、日本には、
「ご飯粒を残すと目が潰れる」と言う教えが根付いており、
食べ物を粗末にしてはいけないはずなのです。

 

例えば、大根があるとする。

 

その大根は東京から遠く離れた場所で、
額に汗水垂らして、雨の日も風の日も雪の日も、
お世話をしてくれた農家さんの賜物。

 

そして、その大根が運ばれていくには、
トラックの運転手を始め、
卸売業者や流通業者や、
八百屋さんの店頭に並べる小売店や、
それこそ、無数の人が携わってくれているから、
食べられる代物。

 

それって奇跡の集大成なのです。

 

カンボジアで、クロスタウンカフェを立ち上げた時、
私はそれを実感できました。

 

今はだいぶ発展してきたカンボジアだけど、
全然流通が足りなかった。

 

欲しいものが手に入らなかった。

 

調味料ですら、
手に入らないものは自分らで作ることも経験した。

 

その末にようやくできた商品。

 

もちろん、日本規格で商売をしていたため、
期限がくればカンボジアの
クロスタウンカフェも捨てました。

 

※もちろん、それがお客様達に響き、
「あの店の食べ物は安心・安全だ」と
御贔屓にもしていただけた。

 

とは言え、実際は、規制の影響で、
日本の企業は期限がくれば、
問答無用に捨てなければならない。

 

私の持論ですが、
本来であれば、賞味期限・消費期限が過ぎても、
クンクンと匂いを嗅いでみたり、
ちょこっとだけペロってなめてみて、
やばい!と思った段階で、捨てるべきなのです。。。

 

私が行き来するカンボジア人は、
まさにこの辺りが徹底している。

 

「安心・安全も個人の責任」なのです。

 

日本は法が整っているから、
全てが規則で縛られている。

 

※何度も言うように、それはもちろん素晴らしいこと。

 

でも、食べられるものを捨てると言うのは、
その食べ物ではなくて、
人として私達が腐っていると思います。。。

 

何だか、話がそれてしまいました(汗)。

 

と個人でもこのような考えがあるため、
学生さん達から、このお申込みがあった際に、
「素敵なことだ」と思いました。

 

そして、今回は、
更に留学生達も交じり、
自分らの国のことも含めて、
小さいながらも世界規模で、
フードロスについて考えよう!と言う想いで、
会が実行されたようです。

 

参会者が食べ物を持ち寄ったりし、
スーパーに買い出しに行くところからスタート。

 

「賞味期限が近い食材、見た目が悪く誰も手に取らない食材、
みんなが家に余らせがちだと思う食材などをあえて選ぶ」

 

と言う考えの下、食料を調達。

 

当店でも、廃棄間近なものを提供させていただきました。

 

皆さんで、あーでもない、こーでもないと
知恵を出し合って、数々の料理をし、
日本の『いただきます!』の挨拶とともに
皆ででサルベージクッキングした料理を楽しんでおりました。

 

ただのパーティを、
ちょっとだけ意義のあるパーティに変える。

 

素晴らしい心意気だと思いました。

 

どうもありがとうございました。

 

<下記店舗情報>

カンボジア・サンドウィッチ ヌンパン
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
ヌンパンサンドウィッチクロスタウンカフェ

営業日・営業時間:

・1月27日(土)8:00~18:00
・1月28日(日)8:00~16:00

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-3875-8725
(※店舗専用電話番号を取得しました)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト
最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

【またまた大盛況!】勉学サロン 吉川舞氏の話。東京・下町ヌンパン カンボジアサンドイッチ

こんにちは。

カンボジア・サンドウィッチ カフェ
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

少し遅れた報告ですが、
先日、当カフェ
「ヌンパンサンドウィッチクロスタウンカフェ」の
新企画として始まった「勉学サロン」の
第二回目が無事開催されました。

—————————–

勉学サロンとは?

毎回、旬な人(?)に、
興味深い話を語ってもらい、
日本やカンボジアを含めた、
アジアを考えたり、
色々と共に情報を共有、
発信する少人数制の
クローズドな特別サロンです。

※不定期開催です。

—————————–

第二回目は、
「2017年7月遂に世界遺産登録された
【サンボー・プレイ・クック遺跡群】
から見えたもの」

と題して、
Napura-works(ナプラワークス)代表
吉川舞さんに講演していただきました。

Napura-works(ナプラワークス)
 

当日は、あいにくの雨で、
足元の悪い中、

「先日カンボジア旅行に行ってカンボジアに興味を持った」

と言う方や、

「地域貢献、地域の活性の取り組みに興味がある」

と言った方や、

「学生時代に、吉川さんのツアーに参加したことがある」

「吉川さんの下でインターンをしたことがある」

「吉川舞さんのファン!」

と言う方まで、バラエティに、
吉川ワールドに引き付けられた
方達が来て下さいました。

吉川さん自身、
イタリアの出張を終えた足で、
ご来店して下さり、
お忙しい中、本当にありがとうございました。

優しく、エネルギッシュで、
活力がみなぎる魅力的な吉川さんには、
質問が止まらず、
イベント終了後も、
最後の最後まで、列ができておりました。

そんなバイタリティ溢れる
吉川さんが信じて取り組まれている、
「サンボー・プレイクック遺跡」。

益々魅力的な場所になりそうです!

 

-下記店舗詳細-
営業日・営業時間:

水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-3875-8725
(※店舗専用電話番号を取得しました)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト

最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

【必見!】第二回勉学サロン「世界遺産に登録されたばかり【サンボー・プレイ・クック遺跡】から見えるもの 東京・下町ヌンパン カンボジアサンドイッチ

こんばんは。

Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。
(※ヌンパン=パン(バゲットパンです。)
※カンボジア語

前回、満員御礼!大好評にて、
幕を閉じた当店Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
が手掛ける新企画「勉学サロン」
早くも第二回目が決まりました!

第一回 勉学サロン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

2017年10月06日(金)クロスタウンカフェ
勉学サロン Vol.2
2017年7月遂に世界遺産登録された
【サンボー・プレイ・クック遺跡群】から見えたもの

 

梅酒や梅干し、漬物を自分で漬けてみるから、
自然派石鹸作りのワークショップに参加する等
「【生活実験】をする若者女子が増えている」
と最近やたらと報道されています。

 

便利さ手軽さを求め、多くの仕事を始めとする生活自体が、
AIやIOTに変わると囁かれ、時代が大きく変化しようとしている今、
改めて物事を考える必要があります。

 

先日大好評のまま幕を閉じた、
当店Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFEが
定期的に手掛ける「勉学サロン」。

 

第二回目となる今回は、
今、世界的にも最も注目されているカンボジアのエリアから、
「【遺跡生態系】を活性化して遺跡や地域の問題解決を地域と
訪問者の関係の中で解決してゆく仕組みづくり」
を行っているNapura-works代表
吉川舞(よしかわ まい)さんを講師に開催します。

人気旅行サイト・トリップアドバイザーが
毎年発表しているランキングにて、
「行ってよかった/行きたい海外観光スポット」として、
毎年1位を飾っているカンボジア王国
世界遺産アンコールワット遺跡群。

 

そして、アンコール時代よりも更に時代を遡ると、
プレアンコールと呼ばれる栄えた時代がありました。

 

その軌跡を体感できる場所が、カンボジア中部、
コンポントム州にある「サンボー・プレイ・クック」遺跡。

 

「サンボー・プレイ・クック遺跡群」
は2017年7月8日、正式に世界文化遺産に登録されました。

吉川さんは、
「長い時間をかけて育まれたサンボーの遺跡生態系を尊重しながら、
大好きな遺跡をここに住む人たち、訪れた人たちと共に未来へとつなげたい」
と想いを馳せ、現地に住み、
何年も活動してきた日本人の立役者の一人。

 

当日は、遺跡が世界から注目される前から
奮闘してきた吉川さんの「途上国カンボジアでの生活
遺跡への関わり方
世界遺産になって村がどうなっていくのか?
そして、「今後大切にしていくこと」等を語っていただきます。

遺跡や旅行に興味がある人だけではなく、
先進国の未来を生きていく私達が、
自然あふれる途上国カンボジアから何を学ぶのか?
に興味のある方は、是非、ご参加下さい。

今回の定員は、10名。締切は、10月4日(水)です。

 

◆2017年10月06日(金)19:00-21:00(開場18:30)◆
1. セミナー 19:00-20:00  2. 懇親会 20:00-21:00
■会場:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
■住所:〒111-0031 東京都台東区千束2-26-1-1F
■アクセス:
日比谷線「入谷」駅 徒歩6分、
TX線「浅草」駅 徒歩9分
JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
■勉学サロン参加費:
学生:2,000円(税込)社会人:3,000円(税込)
※ヌンパン・サンドウィッチ 一つと
お好きなドリンク(アルコール含む)も1杯付きます。
■定員:計10名

 

●ゲスト講師:吉川舞(よしかわ まい)
Napura-works(ナプラワークス)代表
1985 年生まれ。2008年早稲田大学人間科学部卒。
19歳の夏にカンボジアの遺跡と人々に魅せられ、
学生団体を設立。卒業と同時にカンボジアへ移住。
日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JSA/JASA)の
現地広報、NGO・JSTにてアンコール周辺地域の
児童・学生に対する遺跡学習支援事業等に参画。
2014年よりコンポントム州サンボー・プレイ・クック遺跡群を拠点に
「遺跡と地域と観光客の快適な関係」を構築するために
地域密着型旅行業会社Napura-worksを起業。
地域の内外の人を含めた【遺跡生態系】を活性化し遺跡や地域の問題解決を地域と訪問者の関係の中で解決してゆく仕組みづくり【訪れる人にも迎え入れる人にも価値ある時間を提供する】を行っている。

Napura-works(ナプラワークス)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【申込方法】
必要事項を記載の上、下記へメール下さい。
contact★numpangsandwich-crosstowncafe.com
(★を@に変えて下さい)
<必要事項>
件名:
「2017年7月遂に世界遺産登録された
【サンボー・プレイ・クック遺跡群】から見えたもの」参加希望
1. 氏名
2. 年齢
3. 電話番号(携帯可)
3. ご職業(学生の人は学校名)
※自動返信をしようしないため、ご返信は最大24時間下さい。

 

-下記店舗詳細-
営業日・営業時間:

水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-3875-8725
(※店舗専用電話番号を取得しました)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト
最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

【大盛況にて終了!】第一回勉学サロン「新興国ビジネスから語る~」東京・下町ヌンパン カンボジアサンドイッチ

こんばんは。

Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。
(※ヌンパン=パン(バゲットパンです。)
※カンボジア語

台風がどうにか去りましたね。
本当に何だか天候に悩まされている気がする、
今年の夏・秋です。

さて、先週の金曜日
9月15日は、
お伝えさせていただいていた通り、

勉学サロン Vol.1「新興国ビジネスから語る、これからの日本人若手の生き残り方について」

でした。

お陰様で、若干の当日キャンセル(仕方がありませんね)は、
ありましたが、ご来場者がお連れを連れてきて
下さったこともあり、
満員御礼、キャパオーバーにて、
大盛況にて、勉学サロン
終了させていただきました。

ご来場して下さった皆様、
アジアの未来に期待を持てる
素敵なお話をして下さり
奥田社長、ありがとうございました。

カフェ運営側からすると、

・キャパオーバー
・長時間の立食スタイルの限界
・スモールだからこその全体紹介

上記の部分を2回目は更に改良して行きたいと思います。

カンボジアだけに関わらず、
アジアを軸に、ビジネス(経営、経済、進出等)、
文化(美術、遺跡等)、就労・留学など、
様々なことをテーマに今後も定期的に
続けて行きたいと思います。

また、2回目、ご案内をさせて下さい。

-下記店舗詳細-
営業日・営業時間:

水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-3875-8725
(※店舗専用電話番号を取得しました)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト

最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

【満員御礼!】第一回勉学サロン「新興国ビジネスから語る~」東京・下町ヌンパン カンボジアサンドイッチ

こんばんは。

Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。
(※ヌンパン=パン(バゲットパンです。)
※カンボジア語

また、新たな台風(台風18号)が、
日本列島に迫ってきているようですね。。。

今年の夏(※もう秋ですが)は、
本当に雨ばかり。。。

このブログは、
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFEの目線から、
書いていることも多いので、
雨が多いと飲食店は、一苦労です。

特に、東京のど真ん中、
しかも浅草に近いエリアなのにも関わらず、
少子高齢化社会真っただ中の、
台東区入谷は、いつもに比べて、
数段人通りがなくなります。

そんな状況を払拭したいからこそ、
僕ら、ヌンパンサンドウィッチ屋は、
ここ(入谷)に店舗を構えているのですが…。

さて、さて、台風や人通りの少なさだって
なんのその。

先日から、告知をしておりました、
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
初の店内スモールイベント。

勉学サロン Vol.1「新興国ビジネスから語る、これからの日本人若手の生き残り方について」

ですが、お陰様で、
チケットは完売となりました。

ありがとうございました。

また、完売後にお問い合わせを下さった皆様に
つきましては、申し訳ございませんでした。

キャンセルリストに載せさせていただいております。
既にご予約されている方より、キャンセルが入った場合は、
優先的にご案内をさせていただきます。

さて、海外起業や海外就職を頭に置いている
学生向けに企画した第一弾の勉学サロン。

どうやら集まる多くは、
既に会社をバリバリ経営されている経営者が
多いとの情報が(笑)。

当日の講師になる「奥田 知宏」さんにも
その旨を話しましたら、
では、より「実践的な内容に変えます」と
頼もしく、楽しいお言葉が。

私、宮内亮太も、
はしくれ経営者として、
鋭い質問を切り込もうと思います。

改めまして、「勉強の秋」

しっかり、勉強したっぷり飲んで(笑)、
良いご報告ができるように努めます。

 

-下記店舗詳細-
営業日・営業時間:

水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-3875-8725
(※店舗専用電話番号を取得しました)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト

最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

【新企画!】ヌンパンカフェは、サロンにもなります!

9/15(金)【若者必見!】
「新興国ビジネスから語る、
これからの日本人若手の生き残り方について」
勉学サロン

おはようございます。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチクロスタウンカフェ)
宮内亮太です。

8月が終わり、遂に9月。
季節は秋へと移り変わっていきます。

食欲の秋
読書の秋
スポーツの秋

と秋は活動に適している季節。

この度、Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチクロスタウンカフェ)
では、新企画の登場です!

カンボジアとの繋がりを大切にしている
当カフェだからこその特別なイベントがリリースです!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

■9月15日(金)クロスタウンカフェ 特別
勉学サロン Vol.1
「新興国ビジネスから語る、
これからの日本人若手の生き残り方について」

AI・IOTとテクノロジーが進むにつれ、
10年後に食える仕事、食えない仕事が議論されています。

東京オリンピック・パラリンピック2020年の後、
「何をすればよいのか?」と、
今後の進むべき道に頭を抱えている人も多いと思います。

Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFEでは、
これからの未来へ突入していく若者に向けて、
「羅針盤」を得られるセミナーを開催いたします。

タイトルは、
「新興国ビジネスから語る、
これからの日本人若手の生き残り方について」

Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFEオーナー
宮内亮太 自身も、奮闘している日本とは真逆の国、
東南アジア・カンボジア。
(当カフェのグループ会社は、カンボジアにもあります)

ゲスト講師にお迎えするのは、
経済成長率 毎年約7%越えの沸騰している新興国
カンボジアの最前線で活躍している
奥田 知宏さんです。

奥田さんは、組織・人材コンサル会社
リンクアンドモチベーションにて、
戦略的なデザインを学んだ後、
仕事や生活環境共に将来伸びていく国を探すべく、
30か国ほどの国を巡り、
2013年カンボジアに進出されました。

自身もデザイナー/コンサルタントとして活動中の
クリエイティブ制作会社を経営しつつ
「かっこよくて会社のためになるデザインを作る!」
ことを掲げ、現在ASEAN11か国を中心に、
サッカーチームのエンブレムデザイン、
大手・中小企業のテナント デザインと言った
紙・WEB・映像・内装にわたるデザインや
プロジェクトマネジメントを通し、
ご活躍されています。

当日は、数々の国で実際に活躍されている
奥田さんだからこそ語れる
見えないところにあるチャンスとリスク、
成功と失敗の心構えまで、
まさにこれからの未来を乗り越えるべく
ノウハウを語っていただきます。

「一歩踏み出したいけど、なかなかできない」
「将来が不安だ」etc…
二の足を踏んでいる
そんなあなたのご参加をお待ちしております。

今回の定員は、15名。
締切は、9/12(火)です。

2017年9月15日(金)19:00-21:00(開場18:30)
1. セミナー 19:00-20:00
2. 懇親会 20:00-21:00
■会場:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
■住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
■アクセス:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分
■開校記念特別価格 勉学サロン参加費:2,000円(税込)
※ヌンパン・サンドウィッチ 一つと
お好きなドリンク(アルコール含む)も1杯付きます。
■定員:15名
■スタイル:立食

●ゲスト講師:奥田 知宏(おくだ・ともひろ)

株式会社OS!CEO/クリエイティブ・ディレクター。
京都出身。早稲田大学で建築デザインを学んだ後、
2005年リンクアンドモチベーション
(組織人事コンサルティング会社)に就職。
大企業からベンチャーまでの
紙・WEB・映像・内装にわたる
デザインやプロジェクトマネジメントに関わり、
2011年独立。2012年世界半周。
2013年よりカンボジアのプノンペンに移住し
クリエイティブ制作会社を経営しつつ、
自身もデザイナー/コンサルタントとして活動中。
最近は進出前や進出中の企業より、
進出後の企業を中心に大手からベンチャーまで
クライアント多数。
OS!WEBサイト

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

新たな時代の波をとらえ、
これから来る新たな時代に向けて、
有意義なサロン・イベントとして、
伝えていきたいと思います。

尚、今回のサロンでは、
当店 代表のカンボジア・サンドウィッチ
「ヌンパンパテ」とアルコールを含む、
ドリンクが1杯ついてきます。

講演の後は、熱く議論しつつ、
意見交換もしましょう!

お申し込みの締切は、
「9月13日(水)18時まで」です。

スペースに限りがございます。
早めのお申し込みお待ちしております。

■9月15日(金)クロスタウンカフェ 特別
勉学サロン Vol.1
「新興国ビジネスから語る、
これからの日本人若手の生き残り方について」

【申込方法】
必要事項を記載の上、下記へメール下さい。

contact★numpangsandwich-crosstowncafe.com
(★を@に変えて下さい)

<必要事項>
件名:
「新興国ビジネスから語る、
これからの日本人若手の生き残り方について」
参加希望

1. 氏名
2. 年齢
3. 電話番号(携帯可)
3. ご職業(学生の人は学校名)

※自動返信をしようしないため、ご返信は最大24時間下さい。

 

-下記店舗詳細-
営業日・営業時間:

水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-3875-8725
(※店舗専用電話番号を取得しました)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト

最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分