【木材選びは難しい】東京「千束・入谷」ヌンパンカンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

元々の江戸時代の材木街の一つであった
千束・入谷エリア。

理由として、酉の市で有名な、鷲神社の修復や、
浅草 浅草寺、三社祭の御輿などで
たくさんの木材が必要になったことが
由来とのこと。

それが、理由で、
木をふんだんにつかったお店が好きって
ワケではありませんが、
Cross Town Cafe(クロスタウンカフェ)は、
カンボジア・プノンペン時代から、
アメリカンウッド調のロッジスタイルを取ってきました。

今回の、Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
も、そのイズムは変えたくありません(笑)。

とは言え、木材選びは本当に難しい。。。

木によって、性質も異なれば、
用途も変わる。

素人には、頭がパンクしそうになります。

私とは何も関係はありませんが(汗)
下記で勉強をしています。

大工さんが作ったホームページ

なかなか詳しく材木について書かれています。

【カフェロゴ「鶏ちゃんの秘密」】東京「千束・入谷」ヌンパンカンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。
カンボジア首都プノンペンの
Cross Town Cafe(クロスタウンカフェ)を
ご存知の方であれば、
当店のイメージキャラクター
ニワトリちゃんのことをご存知の方も多いと思います。
これは、家族の友人にサクッと書いていただいたものを
羽ばたかせてみました(笑)。


 

そしてそして、ニワトリちゃんの生みの親が、
なんとなんとLINEのスタンプまで出していた!
可愛い~!なかなか重宝できるスタンプです★

[ポジティブどうぶつ]

是非是非、可愛がってみて下さい★

【PM2.5を超えるPM10?20?(笑)】東京「千束・入谷」ヌンパンカンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

いよいよ始まった、ドリル工事。

振動もさることながら、
粉塵粉塵粉塵の嵐です。

職人さん達、このような仕事を毎日しているだなんて、
本当に凄い!

※職人さん達はガスマスクをしておりましたが…。

私は、スーツで店内に入ったら、一気に白くなりました。

【徳川埋蔵金を探せ】東京「千束・入谷」ヌンパンカンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

配管工事で、地下内の調査等あり、
部屋の中から、掘る掘る掘る掘る。
何だか2.5mぐらいの穴があり、
地下帝国なのか、ドラクエの世界なのか、
ダンジョン的な不思議な世界が見えてきた。
もしかしたら、埋蔵金が出てきたら
どうしましょ。

【振動やばし。地震クラスだ】東京「千束・入谷」ヌンパンカンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

東南アジアのカンボジアと
アメリカNYの異世界への扉を開かせることを
モットーに進めているCross Town Project.

前回のブログで「工事が遂に始まった!」と
記載させていただきましたが、
振動がやばし、やばし。

地震クラスだ。。。

近所の方からのお言葉が心配です。。。

【工事までの難関 近隣について】東京「千束・入谷」ヌンパンカンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

日本で店舗工事をすることがこんなに大変だって
知りませんでした(汗)

私はカンボジア首都プノンペンでカフェを
つくったことはあるけど、
日本でお店(路面店)を作ることは、
初めてでした。

まずは、不動産屋さんへの頻繁な連絡、
オーナーの許可をとること。

近隣の方々への理解を得ること等。
それはそれは、きめ細かい、
人を思いやる日本だからこそ、
大変でありました。

カンボジアは街中が建設状態だったし、
(今も建設状態(笑))
国民的に、何でもあり、
ゆるーい部分も多いので、
そもそも全てがデタラメなのがカンボジア。

※ごめんなさい。カンボジアの人達。
私の個人的な意見です。

日本は、カフェのお隣が飲食店と言うこともあり、
そちらのお客様が入っている時は、
ドリルの音が立てられなかったりと、
工事日を指定されたりして、
そうすると、職人さん達のスケジュール調整に、
苦戦したりと、なかなか、なかなかでした。

【台東区千束・入谷ってどんな街?2】東京「千束・入谷」ヌンパンカンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

じゃないですが、
台東区全域をみれば、
確かに三社祭もあるし、サンバカーニバルもあるし、
活気のある街に見えます。

さらには、2012年に、
世界一の自立式電波塔として、
建設された東京スカイツリーが近くに
そびえ立った影響にて、
浅草界隈、蔵前、浅草橋界隈は、
ドンドンオシャレな街に変貌していきました。※今も、ドンドンオシャレな街に変貌していっています。

台東区を三分割するとします。

中心エリアに上野・浅草があります。

そして、南側に御徒町や蔵前があります。

※南側の説明は下記の通り。

台東区の御徒町~蔵前にかけての地域は『カチクラ』と呼ばれ、
古くから装飾品、ファッション雑貨などの産業が盛ん。地元に根付いたモノづくり企業と、
新しいクリエイターが共存するマチです。
(stylestoreつくり手ブログ より抜粋)

stylestoreつくり手ブログ

普通にカッコいい!!
では、僕らの作っている店のある北側エリアは?
代表的なオシャレタウンに
谷根千の谷中があります。

谷根千とは、谷中・根津・千駄木エリアを指します。

文京区および台東区に位置しており、東京23区の中心地に近く、
いわゆる「山の手」の一角でありながら、
今なお東京の下町としての風情を残す、
歴史と情緒が溢れる地域です。
(谷根千ねっと より抜粋)谷根千ねっと

でもこれは、北側でも北西側なんです。。。

つづく

【台東区千束・入谷ってどんな街?1】東京下町「千束・入谷」カンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

今日は、よく聞かれる、
「どうして、台東区の千束・入谷でお店をオープンするの?」
と言う話をさせていただければと思います。

まあ、家も会社も引っ越してきたからって言うのは、
物理的な理由(笑)。

でも、一番重要なのは、
僕が初めてカンボジア首都プノンペンに降り立った時、
感じた「ビビッ!」と来たアンテナが
たったからです。

台東区は観光客日本No.1の
浅草があります。

上野、浅草など、日本有数の観光地である「台東区」。

昨年1年間(平成26年1月~12月)の台東区へ来訪する
観光客数を調査した結果、約4,500万人と推計した。
(台東区ウェブサイトより抜粋)
台東区Website

そして、東北の玄関と言われる
上野もあります。
更には、
国立西洋美術館を世界遺産に – 台東区
(台東区世界遺産登録推進室ウェブサイトより抜粋)
台東区Website

世界遺産まであるのです。

これの何処が、カンボジア首都プノンペンなの?

皆さんそう言います。

確かにこれだけ見ると、
観光立国を目指している日本の先駆けの気がします。
続く

【なぜカンボジア料理なのか】東京下町「千束・入谷」カンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

日本には、東南アジアの料理としては、
タイ料理屋やベトナム料理屋は
たくさんあります。

確かに美味しい!

僕も大好きです★

ただ、カンボジア料理と言うと、
誰も知らない。
想像もできない。

挙句の果てには、どんな味?

って聞かれることが多いんです。

私は、カンボジアに住んでいたのは、
2年間程度、そして関わって、
早7年。

現地でたくさんのカンボジア料理を食べましたが、
味はかなり日本人好み。

知る人ぞ知る、
「ソムローチーチャイ(臓器と海苔のスープ)」は、
カンボジアのかなりの家庭料理ですが、
食べた日本人が、必ず、
「何だかホッとする。懐かしい!」
と言います。

とは言え、これを僕らが作るとなると、
なかなかできない。

もう一つは、アンコールワット遺跡に行った人などが、
軽食・スナックとして、屋台などで食べる
サンドウィッチ。

これが絶妙にうまい!

これなら作れる!とは言いませんが、
そこそこの味のものができてきた(現在研究中)
食と言うのは、異世界への扉を開くと
僕らは思っています。

そんなワケで、大好きなカンボジアへの扉の入り口として、
カンボジアフードを扱うことにしたのです。

(↑写真はカンボジアの米粉麺クイティウですが…。)