【木材選びは難しい】東京「千束・入谷」ヌンパンカンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

元々の江戸時代の材木街の一つであった
千束・入谷エリア。

理由として、酉の市で有名な、鷲神社の修復や、
浅草 浅草寺、三社祭の御輿などで
たくさんの木材が必要になったことが
由来とのこと。

それが、理由で、
木をふんだんにつかったお店が好きって
ワケではありませんが、
Cross Town Cafe(クロスタウンカフェ)は、
カンボジア・プノンペン時代から、
アメリカンウッド調のロッジスタイルを取ってきました。

今回の、Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチ クロスタンカフェ)
も、そのイズムは変えたくありません(笑)。

とは言え、木材選びは本当に難しい。。。

木によって、性質も異なれば、
用途も変わる。

素人には、頭がパンクしそうになります。

私とは何も関係はありませんが(汗)
下記で勉強をしています。

大工さんが作ったホームページ

なかなか詳しく材木について書かれています。