【カンボジアでの日本勢?中国勢?】東京・下町ヌンパン カンボジアサンドイッチ

こんばんは。

 

フランス領だった東南アジア
カンボジアのサンドウィッチを扱った
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。
(※ヌンパン=パン(バゲットパンです。)
※カンボジア語

9月も月末に入りバタバタして来ました。
ちょっと情けなくも風邪をひいてしまいました。。。

とそんな時、

 

カンボジアで中国に敗れる日本のしょぼさ(2017.9.27 PRESIDENT Online)
と言う衝撃的なNEWSが飛び込んできました。

 

中でも、「確かに!」と思ったところが、
日本人、中国人の仕事のスピード感のところ。

 

私も仲の良いカンボジア人に言われたことがあります。

 

「日本人は製品もサービスも素晴らしいですけど、
仕事の特に契約までの進みが遅いですよね。」
と。

 

日本人は視察に来た人が好感触を持ってくれたら、
次の上司(部長や専務など)を連れてくる。
そして、更に次の人、次の人と連れてきて、
そんなのが、2-3回続いた後、最後に、
社長や決裁者が来て契約を決めてくれる。

 

韓国人は視察に来た人が好感触を持ってくれたら、
その次に、社長や決裁者を連れてきてくれて、
契約を決めてくれる。

 

中国人は、視察に来た人がその場で
「今、決めるから安くしろ」と言います。

 

と言われたことがあります。

 

確かに、それで、落としている案件、相当あると思います。。。
日本人は慎重なのです。。。

 

とは言え、そのカンボジア人はこんなことも言ってました。

 

でも、日本人は一度契約したことは、
必ず納期通りにやり遂げますよね。

 

中国人、韓国人は、
途中で止まる・放棄することが多いと。

 

私自身、カンボジアでカフェを作った時に、
それを経験しました。

 

中国企業とも、韓国企業ともやり取りをしました。
※もちろん日本企業とも。

 

契約する前の段階では、
中国人、韓国人の人達は、
「okok。それなら1週間できるよ。」
と言います。

「本当に?!そりゃ、助かる!」と契約をしたのです。

 

しかしながら、当然1週間では終わらない。

 

「あーだこーだ言い訳をつけて、
結局は一か月、二か月とかかかってしまう。」

 

一方日本人は、「その案件だと3週間はかかるね。でもって、
これぐらいの費用はかかるよ。(中国・韓国の1.5倍から~3倍)」
と言います。

 

遅い!高い!
でも、納期厳守。

 

本当は、ズバッと契約ができて、ズバッと仕事も完成できれば、
最高なのだけど、まだ、その領域は出てこない。

まあ、選ぶ仕事次第なのでしょうが、
スピード感では、確かに日本人は遅いことは間違いありません。

 

そして、カンボジア首都プノンペンの
カンボジア日本友好橋が、
来月10月1日から2019年6月まで閉鎖
とJICA(国際協力機構)からNEWSが入ってきました。

 

日本橋は、日本の経済支援でできた
カンボジアの紙幣500リエル札にも描かれている
素晴らしい橋です。

でもって、2015年にその日本橋の横に、中国の支援で
「中国橋」なるものができました。

 

開通当時から、元々あった日本橋のありがたみが
カンボジア人から薄れていくのではと言われていました。

 

果てどうなっていくものなのか。。。

 

どうするJAPAN?!ですね。

 

-下記店舗詳細-
営業日・営業時間:

水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-3875-8725
(※店舗専用電話番号を取得しました)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト
最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

【出会い】カンボジアカテゴリーの出会い 東京・下町ヌンパン カンボジアサンドイッチ

こんばんは。

Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。
(※ヌンパン=パン(バゲットパンです。)
※カンボジア語

何だか、9月に入ったのに、
8月が雨ばかりだったため、
未だに梅雨が抜けてない気がしたりします。

TVを付ければ、池上彰さんの番組で、
今、世界中が異常気象だ的なニュースがやっていました。

確かに、今年の日本の夏は変だよなーっと
一人考えてみると、
「カンボジアの8月はどうだったのだろう?」
と思いました。

とは言え、雨季と乾季のカンボジア。
基本的には、1年中、半そでで良い。
常夏の国。

※カンボジア人は長袖や、
人によっては、20度くらいで、
革ジャンやコートまで着るけど。(汗)

洪水も毎年あるし、
嵐も激しいし、太陽も強い。

でも、空気はカンボジアの方が
カラッとしている気がします。。。

今年の日本の夏は湿気のせいなのか、
本当にベットリでした。

さて、カフェの出会いの話。

ご存知のように、当店
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパンサンドウィッチクロスタウンカフェ)
は、カンボジアのサンドウィッチを扱うお店。

とは言え、サンドウィッチや
コーヒーを飲みに来ることだけを目的に
されている人だけでなく、

「カンボジアの話をしたい」
「聞きたい」

と言うお客様も多数ご来店されます。

「来週からカンボジアに行くんだけど、
何処に行ったら良いの?」

「先週まで娘がアンコールワットに行ってたんだよ。
俺は行ったことがないけど、娘の話を聞いたら、
行ってみたいな~と思ったよ。」

「現地でヌンパン食べたよ。
クロスタウンのヌンパンは、
パン(バゲット)をやっぱり日本人向きにしてるね。」

などなど。

更には、

「カンボジアで起業しようと思ってます。
宮内さんは、起業経験ありますよね。どうでしたか?」

「今、カンボジアだと何が流行っているの?」

「カンボジアの孤児院に行ってみたいのだけど、
どうやって探せば良いですか?」

「カンボジアでインターンシップをしたい!」

「日本でカンボジア繋がりに会えるのは、
この店だけだね」

など様々なご質問・お話をされる方がいます。

ちなみに、旅行代理店的なことや、
斡旋などは、ウチではしておりません。

※旅行の手配も一切しません。
※提案はできます(笑)
※ご紹介できることはご紹介します。

ただ、プノンペンで、
クロスタウンカフェをしていた時も、
そうでしたが、

これぞ、カフェの醍醐味!

お店と言う箱を通じて、
色々な出会いがあります。

しかも、当店の場合は、
カンボジアと言う「くくり」で、
括られることが圧倒的に多いです。

日本と比べれば、
狭いカンボジアの
共通の知人や友人の話などに
発展して盛り上がったりすることも
あります。

4,000キロ以上離れた場所で、
カンボジアの話をする。

これが面白い!

店名にもなっている
CROSS TOWN CAFE
(クロスタウンカフェ)

街と街がクロスする。

街と街をクロスしたい。

もっと言えば、国と国がクロスする。
国と国をクロスしたい。

この店名的なことを
感じられる場所。

クロスタウンカフェです。

 

当店には、カンボジアに縁のある
スタッフが多数いますが、
もし、私に直接御用のある方は、
事前にアポイント等して下さるよう、
お願い申し上げます。

※純粋に外出が多いですし、
出張等にて、東京にいないことも
多々ありますので。。。

 

-下記店舗詳細-
営業日・営業時間:

水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-3875-8725
(※店舗専用電話番号を取得しました)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト

最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

【★ヌンパン★以外 私の好きなカンボジア料理1】下町ヌンパン カンボジアサンドイッチ

こんにちは。
フランス領だった東南アジア
カンボジアのサンドウィッチを扱った
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。
(※ヌンパン=パン(バゲットパンです。)
※カンボジア語

食と空間とサービスを通じて、
異世界への扉を開かせる!ことを
モットーに進めている、
このヌンパン(ノンパン)
サンドウィッチ プロジェクト。

僕らが扱っている
「ヌンパン(ノンパン)パテ」は、
ご存知、カンボジアのサンドウィッチ。

とは言え、カンボジアは、
日本と同じように、
お米の国。
※麺類(米粉)も多いです。

実は実は、
日本人にも大変食べやすい(馴染みやすい)
料理が多いんです。
※理由:辛くない。

その中でも、
私がカンボジアに住んでいる時から、
お世話になっている食べ物が一つ。

「ボボー(お粥)」
です。

日本人的に、飲んだ後のラーメン。
ではないのですが、
打ち合わせやアテンドや、
友人達と飲んだ後、
何だかんだ小腹が減っちゃうのです。

当然、日本みたいに、
24時間の「富士そば」さん等はありません。

それでも、首都プノンペンは、
随分と遅くまで営業するラーメン屋さん等増えましたが。。。

私のおススメは、
カンボジアへ進出したての頃からお世話になっている
プノンペンの外国人の多い、
高級住宅街ボンケンコンエリアにある、
「Champs-Elysees レストラン(ホテル&カラオケ併設)」
のボボー(お粥)です。

#185, Tra Sak Paem Boulevard (#63),
Sangkat Boeung Keng Kang 1, Khan Chamcarmorn

何と何と24時間営業です。

優しい味付けです。

とは言え、日本と違って、
まだまだこれからの発展途上新興国カンボジア・プノンペンです。

夜の治安は良くありません。

深夜の出歩きはくれぐれもお控え下さい。

-下記店舗詳細-

営業日・営業時間:
水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-6458-1780(株式会社ユトルナ)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト
最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

【プノンペン交通事情-バイク編-】下町ヌンパン カンボジアサンドイッチ

こんにちは。
フランス領だった東南アジア
カンボジアのサンドウィッチを扱った
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。
(※ヌンパン=パン(バゲットパンです。)
※カンボジア語

食と空間とサービスを通じて、
異世界への扉を開かせる!ことを
モットーに進めている、
このヌンパン(ノンパン)
サンドウィッチ プロジェクト。

さて、先日のプノンペン(カンボジア)出張の続きより。
2017年カンボジアは、首都プノンペンでも
公共交通機関が整っていません。

※日本のJICA支援の元、
路線バスが数年前より動き出しておりますが、
まだまだ、市民に根付いていないように思います。
噂によると、本数が増えるとか何とか。

もっぱら、市民(観光客含む)の足は、
バイク、車、トゥクトゥク(3輪バイク)になります。

中間所得層が増えてきているカンボジアなので、
車もドンドン増えてきている状態です。

とは言え、やはり市民の足は、
バイク。

2016年3月に日本大使館より、
発表された交通情報によると、

2015年1月9日に改正道路交通法が施行されたとのこと。
・自動二輪車の後部座席に大人1人及び子供1人を乗せることができる。
・3歳以上の子供と運転手と乗客はヘルメットを被らなければならない。
※ヘルメット着用義務違反
5,000リエル(運転者)、
3,000リエル(同乗者)

上記の通りです。

さて、ここで、カンボジアの不思議です。

確かに数年前と比べると、
ヘルメットを被る人は増えたと思います。

とは言え、依然、
子供だけの運転。

乗車オーバーの人は、
何だか減っていない気がします(笑)

これも東南アジア的と言えば、アジアの風情ですけど(笑)

-下記店舗詳細-

営業日・営業時間:
水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-6458-1780(株式会社ユトルナ)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト

最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

【最新!プノンペン流行スポット「コンテナマーケット」】東京下町ヌンパン カンボジアサンドウィッチ

こんにちは。
フランス領だった東南アジア
カンボジアのサンドウィッチを扱った
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。
(※ヌンパン(カンボジア語)=パン(バゲットパンです。)

食と空間とサービスを通じて、
異世界への扉を開かせる!ことを
モットーに進めている、
このヌンパン(ノンパン)
サンドウィッチ プロジェクト。

久々にカンボジア・首都プノンペンに
出張に行ってました。
※カンボジアにも弊社は会社があります。

アジアの3か月間は、
日本の1年間と言われているように、
変化のスピードが凄まじいです。
まさに発展途上国です。

プノンペンでは、
2014年にオープンしたアジア最大級の大きさ
と言われたイオンモールを皮切りに、
ここ数年、大きな施設が続々と建設されています。

とは言え、
今、カンボジアの若者の間で流行っているのが、
プノンペンのお台場こと、
ダイヤモンドアイランド(koh pich)
入り口付近にできた(イオンの裏あたりかな)
「コンテナマーケット」とのこと。

そう。コンテナとは、
貨物列車や港でガンガン運ばれている
あの「コンテナ」ですね。

会うカンボジア人達、皆に、
「社長はコンテナマーケット行ってみました?」
と聞かれました。

コンテナマーケットと言えば、
アメリカ、NYの2011年にできた、
屋外ショッピング・モール
「デカルブ・マーケット(DeKalb Market)」
を想像してしまいました。

とは言え、2017年現在、
今は無くなってしまってるようですね。

そして、「デカルブホール」に
パワーアップしているみたい。

私は当時の写真が見当たらなかったため、
代わりに写真をアップされている方の
ブログがありましたので、
ご紹介致します(笑)

カンボジアのお隣り、
ベトナム、ホーチミンや
タイランド、バンコクでも、
「コンテナマーケット」は
盛んみたいですね!

ベトナム コンテナマーケット
コンテナ屋台「RUBIK ZOO(ルービック ズー)」

タイランド バンコク
ARTBOX

話戻って、カンボジア。
ただ、連れてきてくれた友人のカンボジア人曰く、

「ちょっと高い。」
「買っても食べ物だけ。それもマーケットの外の2倍ぐらいする」
「物はあまり買わない」

と何だか否定的でした。。。

とは言え、
カンボジア人と来た時は、
昼間だったため、ちょっと、
盛り上がり感と言うのが、
よくわかりませんでした。

そのため、別日の夜に、
友人とと再度行ってみました。

結果、カンボジアのTHEナイトマーケット的な
感じがしました。



友人曰く、
「もうブームは終わりの方じゃないかなー」
とのこと。

私的には、

1. 最初は、外国人・セレブが訪れる。
2. 中間所得層が訪れる
3. 田舎の人が訪れる。
4. 人が離れ始める

と言うのが、カンボジアのブームの流れだと思います。

そのため、今は、

「2の中間所得層が訪れる」のフェーズではないかなと
思います。

※実際、外国人は、私と友人以外、
見当たらなかったため。

移り行くスピードが滅茶苦茶早いカンボジアですから、
次回また来た時には「廃れているのかな~」と
「拡大しているのかな~」
と色々と考えてしまいました。

-下記当店舗詳細-

営業日・営業時間:
水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-6458-1780(株式会社ユトルナ)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト
最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

【ブリックタイル届く700㎏】東京下町「千束・入谷」ヌンパン カンボジアショップ

こんにちは。
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン サンドウィッチ クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

食と空間とサービスを通じて、
異世界の扉を開かせる!ことを
モットーに進めている、
このヌンパン サンドウィッチ プロジェクト。

外回りから現場に戻ると、
入口に…。

「おうっ!!」

待ち焦がれていたブリックタイルが一式届いていました。

700Kgとのこと。

現場監督曰く、

「一か所に400kg以上負荷がかかると、
床に穴が開くかもよ(ニヤリ)」

と一言。


日々、ドキドキです。