【またまた大盛況!】勉学サロン 吉川舞氏の話。東京・下町ヌンパン カンボジアサンドイッチ

こんにちは。

カンボジア・サンドウィッチ カフェ
Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。

少し遅れた報告ですが、
先日、当カフェ
「ヌンパンサンドウィッチクロスタウンカフェ」の
新企画として始まった「勉学サロン」の
第二回目が無事開催されました。

—————————–

勉学サロンとは?

毎回、旬な人(?)に、
興味深い話を語ってもらい、
日本やカンボジアを含めた、
アジアを考えたり、
色々と共に情報を共有、
発信する少人数制の
クローズドな特別サロンです。

※不定期開催です。

—————————–

第二回目は、
「2017年7月遂に世界遺産登録された
【サンボー・プレイ・クック遺跡群】
から見えたもの」

と題して、
Napura-works(ナプラワークス)代表
吉川舞さんに講演していただきました。

Napura-works(ナプラワークス)
 

当日は、あいにくの雨で、
足元の悪い中、

「先日カンボジア旅行に行ってカンボジアに興味を持った」

と言う方や、

「地域貢献、地域の活性の取り組みに興味がある」

と言った方や、

「学生時代に、吉川さんのツアーに参加したことがある」

「吉川さんの下でインターンをしたことがある」

「吉川舞さんのファン!」

と言う方まで、バラエティに、
吉川ワールドに引き付けられた
方達が来て下さいました。

吉川さん自身、
イタリアの出張を終えた足で、
ご来店して下さり、
お忙しい中、本当にありがとうございました。

優しく、エネルギッシュで、
活力がみなぎる魅力的な吉川さんには、
質問が止まらず、
イベント終了後も、
最後の最後まで、列ができておりました。

そんなバイタリティ溢れる
吉川さんが信じて取り組まれている、
「サンボー・プレイクック遺跡」。

益々魅力的な場所になりそうです!

 

-下記店舗詳細-
営業日・営業時間:

水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-3875-8725
(※店舗専用電話番号を取得しました)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト

最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分

【必見!】第二回勉学サロン「世界遺産に登録されたばかり【サンボー・プレイ・クック遺跡】から見えるもの 東京・下町ヌンパン カンボジアサンドイッチ

こんばんは。

Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
(ヌンパン(ノンパン)サンドウィッチ
クロスタンカフェ)
宮内亮太です。
(※ヌンパン=パン(バゲットパンです。)
※カンボジア語

前回、満員御礼!大好評にて、
幕を閉じた当店Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
が手掛ける新企画「勉学サロン」
早くも第二回目が決まりました!

第一回 勉学サロン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

2017年10月06日(金)クロスタウンカフェ
勉学サロン Vol.2
2017年7月遂に世界遺産登録された
【サンボー・プレイ・クック遺跡群】から見えたもの

 

梅酒や梅干し、漬物を自分で漬けてみるから、
自然派石鹸作りのワークショップに参加する等
「【生活実験】をする若者女子が増えている」
と最近やたらと報道されています。

 

便利さ手軽さを求め、多くの仕事を始めとする生活自体が、
AIやIOTに変わると囁かれ、時代が大きく変化しようとしている今、
改めて物事を考える必要があります。

 

先日大好評のまま幕を閉じた、
当店Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFEが
定期的に手掛ける「勉学サロン」。

 

第二回目となる今回は、
今、世界的にも最も注目されているカンボジアのエリアから、
「【遺跡生態系】を活性化して遺跡や地域の問題解決を地域と
訪問者の関係の中で解決してゆく仕組みづくり」
を行っているNapura-works代表
吉川舞(よしかわ まい)さんを講師に開催します。

人気旅行サイト・トリップアドバイザーが
毎年発表しているランキングにて、
「行ってよかった/行きたい海外観光スポット」として、
毎年1位を飾っているカンボジア王国
世界遺産アンコールワット遺跡群。

 

そして、アンコール時代よりも更に時代を遡ると、
プレアンコールと呼ばれる栄えた時代がありました。

 

その軌跡を体感できる場所が、カンボジア中部、
コンポントム州にある「サンボー・プレイ・クック」遺跡。

 

「サンボー・プレイ・クック遺跡群」
は2017年7月8日、正式に世界文化遺産に登録されました。

吉川さんは、
「長い時間をかけて育まれたサンボーの遺跡生態系を尊重しながら、
大好きな遺跡をここに住む人たち、訪れた人たちと共に未来へとつなげたい」
と想いを馳せ、現地に住み、
何年も活動してきた日本人の立役者の一人。

 

当日は、遺跡が世界から注目される前から
奮闘してきた吉川さんの「途上国カンボジアでの生活
遺跡への関わり方
世界遺産になって村がどうなっていくのか?
そして、「今後大切にしていくこと」等を語っていただきます。

遺跡や旅行に興味がある人だけではなく、
先進国の未来を生きていく私達が、
自然あふれる途上国カンボジアから何を学ぶのか?
に興味のある方は、是非、ご参加下さい。

今回の定員は、10名。締切は、10月4日(水)です。

 

◆2017年10月06日(金)19:00-21:00(開場18:30)◆
1. セミナー 19:00-20:00  2. 懇親会 20:00-21:00
■会場:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
■住所:〒111-0031 東京都台東区千束2-26-1-1F
■アクセス:
日比谷線「入谷」駅 徒歩6分、
TX線「浅草」駅 徒歩9分
JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
■勉学サロン参加費:
学生:2,000円(税込)社会人:3,000円(税込)
※ヌンパン・サンドウィッチ 一つと
お好きなドリンク(アルコール含む)も1杯付きます。
■定員:計10名

 

●ゲスト講師:吉川舞(よしかわ まい)
Napura-works(ナプラワークス)代表
1985 年生まれ。2008年早稲田大学人間科学部卒。
19歳の夏にカンボジアの遺跡と人々に魅せられ、
学生団体を設立。卒業と同時にカンボジアへ移住。
日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JSA/JASA)の
現地広報、NGO・JSTにてアンコール周辺地域の
児童・学生に対する遺跡学習支援事業等に参画。
2014年よりコンポントム州サンボー・プレイ・クック遺跡群を拠点に
「遺跡と地域と観光客の快適な関係」を構築するために
地域密着型旅行業会社Napura-worksを起業。
地域の内外の人を含めた【遺跡生態系】を活性化し遺跡や地域の問題解決を地域と訪問者の関係の中で解決してゆく仕組みづくり【訪れる人にも迎え入れる人にも価値ある時間を提供する】を行っている。

Napura-works(ナプラワークス)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【申込方法】
必要事項を記載の上、下記へメール下さい。
contact★numpangsandwich-crosstowncafe.com
(★を@に変えて下さい)
<必要事項>
件名:
「2017年7月遂に世界遺産登録された
【サンボー・プレイ・クック遺跡群】から見えたもの」参加希望
1. 氏名
2. 年齢
3. 電話番号(携帯可)
3. ご職業(学生の人は学校名)
※自動返信をしようしないため、ご返信は最大24時間下さい。

 

-下記店舗詳細-
営業日・営業時間:

水・木・金:11:00-18:00
土:8:00-18:00
日・祝:8:00-16:00
定休日:月・火曜

店名:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE
住所:〒111-0031
東京都台東区千束2-26-1-1F
電話番号:03-3875-8725
(※店舗専用電話番号を取得しました)
店舗WEB:Num Pang Sandwich CROSS TOWN CAFE ウェブサイト
最寄り駅:
・日比谷線「入谷」駅 徒歩6分
・つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩9分
・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩12分
・銀座線「田原町」駅 徒歩15分